Home

ボーマン 船長

一人残ったボーマン船長が邪心を抱いたハルの思考部分を停止させるという内容です。 最近、自動車の自動運転やロボットの開発でAIの技術が驚くような勢いで進歩しています。. 「年」について質問します。ボーマン船長が出てきましたが、あれは幽霊なのでしょうか。なんなのか詳しく教えて下さい。 進化したのです。肉体は【年】のラストで滅びました。彼は精神体だけで宇宙を駆ける事が出来る生物となったのです。. 芸術志向で難解な映画だった『年宇宙の旅』とは反対に、理路整然とした作風でした。冒頭が前作の要点のまとめだという徹底ぶり。この大きな違いは監督が前作と異なることの結果ですが、無理やり前作に合わせようとしなかったのが功を奏して、独立した一本の映画として完成されていると思います。 テーマの面でも、冷戦中の米ソが協力し、友情をはぐくんでいくという部分にも重きが置かれている。「未知の生物の可能性」にとどまらない作品です。作中世界では年にも冷戦が続いていて、史実・現実とはすでにずれているわけですが、まったく気になりません。 そんな本作の魅力はなんといっても、再会と相互理解のシーンが縦横にめぐらされていることに尽きます。人類と未知の生命体との遭遇や米ソ冷戦を背景に、ディスカバリー号とフロイド博士、ボーマン船長と彼が「人間デイビッド・ボーマン」だったころの大切な人、チャンドラ博士とハルといった、離れ離れだった者同士の再会が続きます。そしてラストは、前作で対立し、わだかまりを残したボーマン船長とハルの再会と和解。カタルシスの連続で、満足度の高い一作でした。. .

おすすめ宇宙映画のコーナー。編集長の独断と偏見で宇宙映画の感想をお届けします。 テキスト Space Biz編集長の太田です。 ボーマン 船長 【おすすめ宇宙映画】のコーナーは、編集長の独断と偏見で宇宙映画を紹介し、星の格付けをするものです。 第一回目に紹介するのは、やはり「年宇宙の旅」です. ボーマン船長のhalを作ろう 10年越しで「年宇宙の旅」に出てくるhalを作ろうという気長な作成日記. See full list on kozuehinatsu. デヴィッド・ボーマン船長とaiのhal9000の戦い以外だと月のシーンがリアル感が見どころ。 デヴィッド・ボーマン船長とaiのhal9000の戦い以外にも、ほんのちょっとの間ですが見どころがあります。 月で発見されたモノリスを見に行くというシーンがあります。.

ボーマン船長がhal9000を停止する為の部屋に向かう途中、hal9000による必死な説得の中に出てくるセリフ。 敬語ではなく、乗組員と同じ用な語り口になっている事から、自分を人間と同等な存在として認識している事が伺えます。. 初期案では正4面体だったが、ピラミッドを連想する形なのでボツになった。 1:4:9の直方体という、シンプルなデザインと不気味な存在感は、後の作品にも多くのオマージュ的ガジェットとして登場する。こんにゃくとか。. ディスカバリー号と行方不明になったボーマン船長の探索に、米ソはそれぞれ別々に宇宙船を建造中。 ソ連の「アレクセイ・レオノフ号」は完成、米の「ディスカバリー2号」は1年遅れの発射。 情報は米が持っているが、宇宙船の発射はソ連が早い。. トライデント・ハイドライブ・ロード データストームの中からスキル「Storm Access」で入手した、ハイドライブリンクモンスター3体をリンク素材に指定するハイドライブ。 ツイン・ハイドライブ・ナイトの3属性バージョンであり、「プロパティ・ゼロ」が適用できる属性が1つ分増えている。 リンク数と攻撃力はデコード・トーカーや転生炎獣ヒートライオと同じである。ただし、リンクマーカーの方向は異なる。 トライデントは三叉の槍であり、リンク数の3に通じる。 1. 1:4:9(1、2、3を2乗した数)の比率の四角柱。これは自然に生成されたモノではなく、何者かによって作り出された物体という事を視覚的に感じさせる為のデザインである。 設定上は顕微鏡レベルでも1:4:9の寸法をしていて、年の地球人には実現不可能な精度であった。 これ自体には意思は無くて、未知の文明が地球や木星とその衛星に対して行った「進化の実験」のためのマルチツール/高性能コンピュータのような役割をもっている。 作中の台詞を借りれば「宇宙版スイスアーミーナイフ」。.

)」という謎のメッセージを最後に行方不明。死亡したと推定される。米国宇宙飛行学会議議長であったフロイド博士は、責任を感じて辞職した。 それから9年。米ソの緊張が高まる中、ソ連の科学者・モイセーヴィッチがフロイド博士を訪ねてくる。アメリカは、事故とモノリスの調査を計画中だ。一方、ソ連はアメリカのディスカバリー2号よりもはるかに速い宇宙船・レオノフ号で木星探査を計画しているが、事故の原因とモノリスに関する情報がない。そのためディスカバリー1号の二の舞にならないとも言い切れないという。そこでフロイド博士にレオノフ号に同乗しないかと持ちかけたのだ。フロイド博士はディスカバリー号設計担当者・カーノウと、HAL9000の制作者・チャンドラ博士とともに、ソ連の宇宙船で木星へ向かう。 木星接近中、ソ連のチームは木星の衛星・エウロパで未知の現象を観測。氷の衛星のはずだが、葉緑素がみられるという。ソ連は無人探査機を飛ばすが、クレーターから放電を受けて落とされてしまう。収集したはずのデータもすべて消えた。フロイド博士は、近づくなという警告だと解釈する。 一行は木星付近でついにディスカバリー1号を発見、接触する。カーノウとソ連の宇宙飛行士・マックスが協力して内部へ入ると、大きな損傷などはなく、復旧のめどが立った。そのマックスはポッドに乗り、年にボーマン船長が遭遇したのと同じ巨大なモノリスの探査に出るが、放電を受け、帰らぬ人となった。 チャンドラ博士は、HAL9000を機能障害の記憶のみ消したうえで再起動。ハルと会話することで、機能障害の原因を突き止める。原因はハル自身の不具合ではなく、ハルが矛盾した命令の板挟みになったことだった。月面でモノリスが発見された当時、ディスカバリー号計画はすでに進行していたが、大統領命令によりその存在は科学者以外には極秘とされた。. 「人類の歴史ってこんな感じだったら面白いと思うんだけど、皆はどう思う?」 ざっくり言うと、これが今作品のメッセージ。 人類はモノリスを通じて猿人から人間に進化を遂げ、400万年後、今度はモノリスを通じて人間からスターチャイルドという存在へ進化したよって話なんだ。1章で人類の起源~現代(映画内においての現代ね)、2章で現代に起きた事件(HAL)、3章で未来(スターチャイルド)を描いてる。つまりキューブリック監督とアーサー・C・クラークが描いたのは、人類史+人類の未来(予言)というわけだ。 ちなみに3章でスターゲイトを抜けたあと、ボーマン船長が綺麗な部屋で暮らしながら老いていき、突如としてまたもモノリスが出現・・・そしてスターチャイルドが出てくるよね。ここが今作品で最も難解な部分かもしれないけど、変な言い方すると理解できなくていいんだ。僕達現代人は、まだスターチャイルドに進化してないよね。未来とは、そんな簡単に理解や想像できるものじゃなく、理解しがたい何かじゃないといけない。それを映像で表現したのがスターチャイルドという事だ。 どうだろう?確かに難解な映画だけど、キューブリックとアー. 赤い宇宙服といえば、、、 スターゲイトを通ったボーマン船長が装備していたのは赤い宇宙服だった。 この映画には白色や黄色の宇宙服が登場するが、この部屋でモノリスと向き合い、胎児(スターチャイルド)となって再生するボーマン船長の宇宙服は赤色だった。.

See full list on genoblog. シムアース: プレイヤー(惑星の神?)が生命や文明のいるマスに使用することにより、進化させたり、文明を進歩させたりすることができる。ただし失敗することもある。使うには大量のΩ(プレイヤーが惑星管理に使うエネルギーのようなもの)が必要。. ツイン・ハイドライブ・ナイト Playmakerとのデュエルで使用した、ハイドライブリンクモンスター2体をリンク素材に指定する騎士型のハイドライブ。 リンク素材の属性に応じて2種類の属性を得る事ができる。「プロパティ・ゼロ」を持つ。. . Amazonプライムなら年間プラン4,900円(税込)または月間プラン500円(税込)で映画の他にも松本人志のドキュメンタルやアニメ、primeオリジナル作品なんかも見放題なのでお得ですよ! 「年宇宙の旅」をamazonで観る キューブリック作品はかなり好みがわかれますが、シャイニングやフルメタル・ジャケットなんかも面白くて超オススメです! では、良き映画の時間をお過ごしください。.

乗組員はデビッド・ボーマン船長ら5名の人間で、うち3名は人工冬眠中である。それに、最高の人工知能hal(ハル)9000型コンピュータが全てをサポートしている。 順調に進んでいた飛行の途上、halはボーマン船長に、今回の探査計画に疑問がある事を. 1999年、月のティコ・クレーターで謎の建造物モノリスが発見されました。モノリスが木星に向けて電波を放射していたことから、アメリカは木星の探査を計画、年に木星探査船ディスカバリー号が発進しました。しかし、突如として船のすべを管理していたハル(HAL9000)が暴走し、4人の船員を殺害しました。唯一の生存者デビット・ボーマン船長は木星に到着すると、その衛星軌道上で巨大なモノリスと接触し、「凄い! 降るような星だ」という謎のメッセージを残して消息を絶ったのでした。 そして9年後、ボーマンの上司であり探査計画の責任者だったヘイウッド・フロイド博士は失敗の責任をとって辞職し、今は大学の学長を務めています。 ある日、彼のもとにソ連から木星探査計画が進んでいるとの知らせがありました。ソ連はディスカバリー号の構造とハルの解析のためにフロイドに協力を求めてきたのです。 世界は米ソ間の緊張が高まった状態にあり、フロイドも最初は乗り気でなかったのですが、木星の軌道上にあるディスカバリー号に異変が起きたことを知り、アメリカ政府を説き伏せて計画に参加することにします。アメリカ側の他のメンバーは、ディスカバリー号の設計者であるウォルター・カーナウ博士と、ハルの開発者R・ チャンドラ博士です。チャンドラ博士はハルが狂った原因を特定したいと思っていました。 フロイドは心配する妻子を説き伏せると、カーナウ、チャンドラとともにソ連の宇宙船レオーノフ号で木星へと向かいます。彼ら3人は冷凍睡眠によって木星までの長い時間を過ごしていました。 途中、木星の衛星エウロパの軌道上にさしかかった時、フロイドだけが起こされます。エウロパに生命の兆候である葉緑素が発見されたということです。さっそくレオーノフ号から無人探査機が送り込まれ、氷に包まれた地表の探査が始まりました。しかし、氷の隙間に接近した途端、謎のエネルギーが放出されて探査機が破壊されます。ソ連のクルーたちは単なる放電だと考えますが、フロイド博士はこれを何者かによる警告ではないかと主張しました。 レオーノフ号は木星に接近し、その大気を利用したブレーキによって減速します。危険を伴う作業の末、船は無事に木星の衛星イオの軌道に同期しました。. 3031年頃にようやく解明された、地球にモノリスを設置して地球人類を進化させた存在。小説「3001年終局への旅」の冒頭で少しだけ設定が語られるのみであって、本筋には殆ど関わらない。 ボーマンの解析によると、地球から500光年離れた場所から地球を観察していて、信号の往復に1000年かかったらしい。地球人を失敗作だと判断して、モノリスを遠隔操作して太陽系滅亡を企む。 しかし3031年の地球人は既に、モノリスを破壊出来る科学技術を保有していた。騒動の末、太陽系で発見されたモノリスは全て消滅する。. 日々の日記です。ボーマン船長 Newsの最新情報です. 新生LINK VRAINSに現れた謎の決闘者。 初登場時は全身金色の人影のような姿(要は全身金色のコイツ)をしており、現実世界にいる草薙翔一の弟・草薙仁の前に突如現れ、彼の記憶を奪い取ってLINK VRAINS内に逃走。. 月面のチコクレーター付近で発見された磁気異常の正体「チコ磁気異常(Tycho Magnetic Anomaly)」として、月の地下から発掘された物体。地層の分析によると、今から400万年前、地球人がまだ類人猿だった時代に、何者かによって埋められたらしい。明らかに地球外知的生命体(宇宙人)の実在を証明出来る発見であった為、発見当初は極秘扱いとなった。 地中から発掘された後、太陽光線を浴びて起動し(映画では皆で記念写真を撮っている時)、ある信号を木星圏に向けて発信した。 この信号が送信された木星圏には、異星人が待っているのか、400万年前の遺跡が残っているのか、調べに行くのが、数年前から準備されていた有人木星調査船ディスカバリー号の真の目的となった(小説版では木星探査から土星探査に変更される程の事態であった)。 徹底された秘密主義により、コールドスリープ状態の専門調査員を運ぶボーマン船長とプール副船長にも、真の目的が隠されていた。ところがHAL9000は真の目的を知っていた上で、「もし人間が死亡してもミッションを成功させろ」という命令を「人間が死んだ方が成功率が高くなる」と判断した為、大変な事になったのである。 (ボーマンは他の乗組員全員が死亡しても、たった一人でHAL9000の機能を停止させて、一人でミッションを成功させるという偉業を成し遂げている) その目的は、地球人が宇宙船を建造して別の天体へ進出したという事を、何者かに伝える為の警報機だった。役目を終えた後は、国連本部ビル前に移送・展示されたらしい。. 2513年、地球・アフリカの奥地で発見された。これこそが「年宇宙の旅」冒頭シーン、月を見るものの目前に出現した物体で、類人猿に道具を使う事を教えて進化を促した存在である。 類人猿の痕跡から、本当に奉られていたことが判明した。.

ボーマン船長は、年を取ったり、胎児になったりで、時空を超越した存在となったことを暗示して終わっています。 今も、昔も、SFの世界で、4次元というと、私たちの世界(3次元)に、時間軸をプラスした状態を指して言うことが多いようです。. その部屋で 老いて死を迎えるボーマン船長の足もとに 再びモノリスが現れ ボーマン船長は 「スターチャイルド」 という赤ん坊に生まれ変わり 地球を見下ろします. 映画『年宇宙の旅』あらすじ・解釈・感想―人の個性は本当にいろいろ– 前編『年宇宙の旅』のレビューです。 『スターウォーズ』をキャラクターから読み解く– SF映画といえばスターウォーズ。エンタメ作品として名を馳せますが、その出来は圧倒的で、鬼気迫るものがあります。キャラクター解説という方法で見どころを語りました。初心者向けガイド付き。 日夏梢Twitter– ツイッターやっています。ブログ更新のお知らせもしていますので、フォローよろしくお願いします。 著者プロフィール. 私にとってとりわけ魅力的だったのが、史上最高のコンピューター・ハルと、その作り主であるチャンドラ博士です。 チャンドラ博士は、フロイド博士が「信用はならない」と言うくらい少し変わり者だけど、ハルに愛情をもって接する姿はまさにいい人! 一方のハルも、あまり恐怖のコンピューターという雰囲気ではないんですよね。いいも悪いもなく、ハルはシンプルに、超高性能コンピューターなだけなんですよ。そしてもしハルに「キャラクター」があるとすれば、生真面目でちょっぴり愛嬌があるというか。私は「映画の登場人物」としてのハルがとても好きです。. 「ハイドライブ」と名のつくモンスターを多用するデッキを使用。 基本的な構成は地属性・サイバース族であるが、リンク1のリンクモンスターは「地」「水」「炎」「風」の4つの属性をそれぞれ有している。そのリンク1のハイドライブには自身と同じ属性のモンスターが相手の場にいるときダイレクトアタックが可能になる能力を持ち、相手モンスターの属性を変更する永続罠「プロパティ・スプレイ」とのコンボで直接攻撃を狙う。 さらに、リンク2以降はそのリンク数に応じて「地」「水」「炎」「風」の属性を得る上に、後述の共通の効果「プロパティ・ゼロ」を持つリンクモンスターが多く、その効果で相手の盤面を抑え込むため、非常に厄介なモンスター群でもある。その関係上「光」「闇」以外の属性統一デッキの対戦相手には有利になるデッキ構成とも言える。 他に4属性に対して効果無効化のメタをはりやすく、次々とハイドライブトークンを特殊召喚してリンク召喚に繋げる様は、Playmakerとは違う形でリンクの申し子と言える。 また、「リンクマジック」と呼ばれる、リンクマーカーを持つマジックカード「裁きの矢」を所有しており、これによってリンクマーカーの範囲を大幅に広げている。 後述するスキルで更なるリンクモンスターを入手している。 ボーマンが覚醒してからは「運」の要素を取り入れており、サイコロを用いる効果やギャンブルを意識したカードを中心とした構成になりつつある。 海外では「Hydradrive」という名前になっている。ハイドラとディスクドライブを合わせたものだと推測される。. 「年宇宙の旅」終盤で登場する、ディスカバリー号のボーマン船長が木星圏で発見した物体。おそらくTMA-1の信号を中継して何者かに送信したと考えられる。 ボーマン 船長 形状は似ているがTMA-1よりも大きい。便宜上TMA-2と名付けられたが、ボーマンは口語体で「ビッグブラザー(でっかいアニキ)」という愛称で呼んだ。 遠距離からの観察だけでは我慢出来なくなったボーマンは小型ポッドで接近するが、その時スターゲートが開き、ボーマンを宇宙の遥か彼方へと転送してしまった。 この木星圏での出来事は、映画では説明が全部省かれたので、何が起きたのか理解出来なかった人も多い。 「年宇宙の旅」に於いて、ボーマンは「スターチャイルド」としての能力を会得して帰還する。彼はエウロパの氷の下に発生した生物を進化させる為、(レオーノフ号の乗組員に警告した後)モノリスを道具として操作し、木星内部で核融合反応を起こして「太陽系第二の太陽・ルシファー」に変化させた。. 『年をとるほど愛おしい(再レビューです)』 カワサキ W650 ボーマン 船長 ボーマン船長Ⅲさんのレビュー評価・評判。価格. ボーマン船長は、地球外生命体の調査に木星に行くことになる。 木星に行く途中で、機体がモノリスに接触し、ボーマン船長はスターゲイトという次元の異なる空間を体験する。 この空間の映像と音の世界が素晴らしかった。.

乗組員はデビット・ボーマン船長(キア・デュリア)と4名の部下、そして人工知能HAL(ハル)9000が搭載されている。 ハルがボーマン船長におかしなことを尋ねる。ハルは今回の木星探査に疑問を持っているようだ。. そんな名キャラ・ハルですが、音声認識、音声による応答、そして自律思考をするコンピューターということで、最近風にいえばAI(人工知能)と呼べるでしょう。 私は、コンピューター関連テクノロジーやロボットはかねてから好んでいるほうです。第三次産業革命であるインターネットには高校生のころから助けられ、可能性を感じ、今こうして自らがサイト管理人になったくらい。そしてその道に通じているからこそ、現在やこれからの情報氾濫やプライバシーの危機にも詳しくなりました。新型のコンピューターである人工知能にも、ほぼ同じ態度です。 そんな私ですが、近頃のAI関連の話題には、正直、辟易しています。役に立つ冷静で現実的な情報に対して、質の悪い情報があまりに多いからです。後先考えず、何らかAIと呼び得るものを使いさえすればすごいことのように言い立てる風潮。実情をあいまいに伝えては「このままでは大変なことになる」「人類は滅ぶ」などと不安をあおり立てる、テレビ番組や各種メディア。そして、不安をあおることによって「人工知能にとって代わられることのないスキルを身につけよう」「AI時代を生き抜くノウハウを教えるコンサルタ. その知的生命体はボーマン船長を人間動物園のようなものに入れて観察していた、そして船長の全人生があの部屋を通過し、彼は時間を超越した. 前作『年宇宙の旅』と本作『年』を貫いているのは、いまある人類という生物は決して絶対ではないという見方でした。このような体形、目や耳、あるいは知性さえも、もとをたどれば偶然の産物にすぎず、人類は宇宙に生じた一生命体にすぎません。これは架空のSFでもオカルト的なおとぎ話でもなく、科学的事実です。その事実から謙虚さが生まれるなら、人類はなんとも面白いなと感じます。 善悪、価値観、社会の在り方、社会問題の解決――私の頭は、いつも人間の世界のことでいっぱいです。しかし、人類という種族内でのあれこれを離れて、宇宙にある地球という惑星で「ただ生きている」という視点も、私たちにはきっと必要。『年』はそんな余韻を残してくれる、SF映画の傑作でした。.

chatoballがつくったボーマン船長のTシャツが購入できるアイテムページ。色やサイズも選択可能。オリジナルアイテムを手軽に作成・販売できるサイト、SUZURI(スズリ)。自分だけの Tシャツやスマホケースなどを簡単につくることができます。. フランク・フレデリック・ボーマン2世(Frank Frederick Borman II、1928年 3月14日 - )は、アメリカ合衆国の宇宙飛行士である。 月への最初のミッションであるアポロ8号の船長を務め、ジム・ラヴェル、ウィリアム・アンダースとともに月を訪れた24人の1人となった。. See full list on hm-hm. マツダ ロードスターのスピーカー交換に関するボーマン船長の整備手帳です。自動車情報は日本最大級の自動車sns. 年、月のティコクレーターで発見された謎の石板、通称“モノリス”の謎を解明するため、木星探査船ディスカバリー号はデヴィッド・ボーマン船長(キア・デュリア)以下5人のクルーと人工知能hal9000(声:ダグラス・レイン)を乗せ、モノリスが謎の電波を. いよいよ木星脱出のタイミングが近づいてきます。木星表面の黒点はいまや巨大な斑点へと成長し、猛烈な勢いで成長していました。ハルはその黒い部分を拡大し、無数のモノリスだと分析します。モノリスは木星の大気を変換して自らを複製していたのです。そのことによって木星は比重が増大し圧縮されていきました。 クルー全員がレオーノフ号に移った今、ディスカバリー号のコクピットに残ったチャンドラに、ハルは木星圏に残ってこの現象を観測することを提案します。フロイドはハルの制御遮断スイッチを手に、緊張しながらその会話を聞いていました。最初はハルを騙そうとしていたチャンドラでしたが、すべてを打ち明けディスカバリー号とともにハルも失われてしまうと告白してしまいます。ハルは真実を明かしてくれたチャンドラに感謝し、命令に従うことを約束しました。 そしてディスカバリー号が加速を開始し、チャンドラは名残を惜しみながらレオーノフ号に戻りました。レオーノフ号がドッキングを解除した時、ディスカバリー号の船内では残されたハルにボーマンの声が語りかけて来ます。ボーマンの声は、レオーノフ号への送信アンテナの向きを変え、地球へのメッセージを送るというものでした。 一方、木星の異変は最高潮に達していました。無数のモノリスによって極限まで圧縮された木星で核融合が発生、第二の太陽へと変わったのです。その衝撃波はディスカバリー号を飲みこみます。最後の瞬間、ハルは自分がボーマンと同じ場所に向かうことを知りました。 加速を開始したレオーノフ号もその衝撃を受けますが、なんとか切り抜け、無事に地球への帰還コースに乗りました。 ボーマン 船長 そんな彼らにボーマンからのメッセージが届きます。それは「これらの世界はすべてあなた方のもの。ただしエウロパは除く。エウロパへの着陸を試みてはならない。すべての世界を皆で平和のうちに利用するのだ」というものでした。 フロイドたちは再び冷凍睡眠に入りながら、木星が生まれ変わった新たな太陽「ルシファー」の出現によって、米ソの対立が終了したことを知ります。フロイドは自分の息子にあて、夜のなくなった新たな世界では平和な時が訪れるだろうとメッセージを送りました。 そして長い時が流れ、エウロパにはさまざまな生命が栄えはじめていました。そこには一体のモノリスがあり、やがて出現する知的な生き物との接触を待っていたのでした。. ボーマン船長Ⅲさん今晩は。 早速の回答ありがとうございました。 ゼファー1100のノーマルのスタイリングに憧れ購入しノーマルのまま乗ろうと思いましたが 何と無く排気音に物足りなさを感じ買ってみようかと思いました。. ボーマン船長が目覚めたのは 真っ白いベッドルームでした.

映画「年宇宙の旅」の掲示板「スター・チャイルドってなにさ?」です。具体的な内容に踏み込んだ質問や議論などはこちらで。ネタバレ投稿. 《年宇宙の旅》 ボーマン船長が訪れた部屋の絵画は小説と違う! アーサー・C・クラークとスタンリー・キューブリックの共著《: A Space Odyssey》の44章で、デビッド・ボーマン船長がスターゲイトを脱し、ホテルのスイートルームのような部屋に辿り着いた時、壁にゴッホの《アルルの. この映画は公開当時も賛否両論で真っ二つだったそうです。 そりゃそうですよねw現代の僕らが観たって理解しがたいものが描かれているわけですし、まだ人類が月に行く前・・・1968年の段階で、既にこの構想と映像表現の技術、感性を持っていたのは信じられないレベルです。 ちなみに製作期間は4年で、当時は色々な学者を集めてディティールをつめていったらしいですよ。それともう1点すごいと思うのは、色々な手法とアイデア。特に2章の人工知能が人間を襲うというプロットは、秀逸なSFホラーとしてエイリアンやターミネーターなどにも受け継がれてますが、今でも通用しますよね! 今作品は日常的に映画を観ない方でも人生で1度は観て欲しい作品です。もしかしたら面白くないと感じる人もいるかもしれないですが、それでも何かしら心に残るシーンがある映画だと思いますよ。 キューブリックとはそういう作品を撮る監督です。.